FC2ブログ

ある意味期待通り

オッス!オラ「柄本明」!!!
…当たり前だけど息子もそっくりなのね、でっか~どです。
悪人からオカマまで、なんでもできるって凄いよな!


久し振りに映画を観てきました。
「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」
太平洋の奇跡
映画の内容はwikipediaから引用すると、
「太平洋戦争において激戦が繰り広げられたサイパン島で、わずか47人の兵で45,000人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて「フォックス」と呼ばれた実在の大場栄・陸軍大尉。タッポーチョ山を拠点とした大場とその部隊が、1945年8月のポツダム宣言受諾以降も、その事実を知らずに戦い続けた実話を日米双方から描く。」
まぁそういうことです。

感想ですが、日本軍側から描くのか、米軍側から描くのかどっちつかずになり、結局2時間という限られた時間で内容をどう「説明」できるかと言うところが上手くなかったような気がします。
500日以上ジャングルに立てこもって戦ったと言うところを(例えフィクションを混ぜたとしても)じっくり見せた方が良かったかも。
悪くはないけど、映画館で観る必要もなかったかな。多分今年の夏位にテレビでやるだろうし。
エンドロールのBGMがまさに「THE加古隆」だったのは良かったかな(・∀・)ニヤニヤ

今から復習を兼ねて「SP」のDVD観ます!
スポンサーサイト

三歩進んで二歩下がらない

オッス!オラ「トニーたけざき」!!!
…代表作は「ADポリス」だと思っているでっか~どです。
最近はガンダムネタ書いているらしいね。


以前も書きましたが、未だに「Fallout3」をやっており、プレイ時間も150時間に近づいております。
で、今日はこの「Fallout3」そっくりな映画あると聞いて早速TSUTAYAで借りてきました。
「ザ・ウォーカー」
ザ・ウォーカー
内容的にはアメリカ映画にありがちなキリスト教的思想を前面に押し出してるタイプなので特に述べるところは無いのですが、
絶対「Fallout3」からインスパイアされてるって!
寸断されたハイウェイとか、「放置された車市場」みたいに大量に放置されている車とか、殺したごろつきを漁るところとか、「Fallout3」やったことがある人間なら( ̄ー ̄)ニヤリとするシーンが満載です。

更に特典映像も全部見てみたのですが、この映画ほとんどが絵コンテを先に作成してそのイメージで撮影していたらしいのですが、その絵コンテが限りなく大友克洋風。
アメリカ人!?の漫画家が担当しているのですが、日本人より外国での評価が高い大友先輩のことですから、それもあることだと思います

とか思ってたらこの映画の監督の次回作はAKIRA(実写版)( ゚д゚)ポカーン
(´-`).。oO(また変にアメリカナイズされるのか)



あ、ちなみに「ウォーカー」って言うタイトルのDVD(パ○リ作品らしい)もレンタルされている場合があるので注意が必要です!

お気楽極楽

オッス!オラ「スティーヴン・セガール」!!!
…日本語スゲェ上手いのね、でっか~どです。
大いなるマンションは「セザール」(・∀・)ニヤニヤ

今日は久し振りに映画を観てまいりました。
観た映画は「エクスペンダブルス」
エクスペンダブルス

監督・脚本・主演:シルベスタ・スタローン

出演:ジェット・リー(;゜0゜)
   ドルフ・ラングレンヽ(。_゜)ノ
   ミッキー・ローク(◎-◎;)
   ブルース・ウィリス(°д°;;)
   アーノルド・シュワルツェネッガー( ゚ρ゚)

…これ、30代だったら涎流しながら観るしかねぇだろ(゚∀゚)
他にもジェイソン・ステイサムとかも出てるけど
小島よしお
だって同じ画面にスタローンとシュワルツェネッガーとブルース・ウィリスが一緒に居るんだぜ、それだけでスゲェ!

なんでもCG全盛のこのご時世でCG一切無し、火薬のみだそうです。
しかもこの傭兵軍団がまさにスーパーソルジャー!
大体キルレシオ1:40以上だからね。そんなのありえねぇし。
あと、ミッキー・ロークが大きくなってた。


んで、内容はと言えば…日本で言ったら水戸黄門!?
inlow


無理難題を受ける
    ↓
とりあえず行ってみる
    ↓
ちょっとやられる
    ↓
再編成してもう一回行ってみる
    ↓
   (゚д゚)ウマー


所謂お約束っすね(*^ヮ')b
まぁ何も考えずに観るのには最高の映画だし、DVDで観たらちょっと○○だけど、映画館なら大音量だし見応えあるかも。

最後に、アメリカの法律上それ無理だからね、ブルースサン!

バーンズ軍曹を久し振りに見た

オッス!オラ「ジークムント・フロイト」!!!
日芸心理学科のある大学に入りたかったでっか~どです。
「夢判断」は心理本ではなく精神分析学の本だから間違えるなよ。

東京ネタはいったん休止。で、何かと話題作「インセプション」観てきました!
インセプション

観て良かったか否かということであれば「観て良かった」です。
話題作=面白いという期待にちゃんと応えてました。

夢の中に入る、ということでCMでも流れている日常ではあり得ない光景がたくさん出てくるのですが、
そこは単なる"映像美"というか「紀里谷某」の作品のような"映像だけの映画"になっていなかったところがいいですね。

更にキャスティングの妙。アングロサクソン系、ラテン系、アジア系とまさにインターナショナル。
そしてそれぞれの役割、ポジションがはっきりしているため決して見失わないのでとても観やすいです。
もちろん我らが独眼竜正宗渡辺謙も名演、いや怪演を演じています。
(´-`).。oO(フランス系の女の子はカワユスなぁ)

作品の特性上、場所軸や時間軸が掴みにくくなりそうな場面もありましたが、完全に見失うこともなくどっぷりのめり込みましたよ。
エンディングのシーンは映画途中から予想できるのですが、むしろそれが心地よく、秀逸だと思います。

DVD化を待って観る、という方もいらっしゃると思いますが、大きい画面と大音量の映画館で 是非!

三浦友和って最近怪優化してる?

オッス!オラ「大杉漣」!!!
…北野映画と言えばこの人ですが、今回の作品には出てませんでしたね。
「杉本哲太」とか「小日向文世」の役のところに入れると良いかもしれませんね。


本日は今話題の!
中川家礼二
これは中川家・礼二

今度こそ、本日は今話題の!
坂東英二
ゆで卵は持って無いですよ…

そろそろイラッと来てると思うので、本日は今話題の「アウトレイジ」
アウトレイジ

オイラにとって北野映画を見るのは「3-4X10月」以来なのでなんと20年ぶり。
どうしても北野作品は「難解」と言うイメージが強かったので敬遠していました。
まぁ、「3-4X10月」以降はそれほど難しくない(面倒くさくない)というのは知っていましたが、どうも食指が動かなかった訳です。

感想ですが、カンヌ映画祭では各国メディアから賛否両論様々な意見がありましたが、確かに中身はそれほど無いように思われます。所謂ヤクザ映画の今時風味。
が故に純粋に(好みに合えばだが)「娯楽作品」として何も考えずに楽しめました。
途中「リアルに痛い」シーンがあるため、気の弱い人は気を引き締めて見る必要がありますが…。

また、最後の方の「椎名桔平」のくだり(ネタバレになるので自粛)で出てくるキタノブルーは美しかった。
あの「日食手前」のような青は非常に好みです。

一つケチを付けさせて頂くなら、「加瀬亮」の台詞の言い方があまり悪人らしく無かったのがもったいなかったッス。
顔つきは文句なしに悪人だったし、結局は一番の悪人の一人だった訳ですから。
やっぱり彼は「いい人」なんですかね。

今日の教訓:「悪いヤツ」ではなく、「悪知恵働くヤツ」が最強
NEXT≫
プロフィール

でっか~ど

Author:でっか~ど
宮城県仙台市からお伝えいたします。

ちなみに中身は海老天らしいですよ

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR