スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節度と殺意

地震が来る前の地鳴りのせいで気持ちがダウン気味なでっか~どです。

昨日ディズニーランドが再開したみたいですね。

オイラとしては日本経済がこれ以上下降するのもアレなんで、再開はよろしいかと思います。
が、その様子をわざわざ時間を多く取って放送する民放テレビっていかがなモンですかね?
来場者のインタビューで「この楽しさを被災者の方々にも分けて元気になって貰いたいです」とか言ってるおねぇちゃんがいましたが、オイラですら殺意を感じました。
この時期にわざわざ放送する内容ではありませんね。

どうやら東京方面の方々の興味は「被災者の悲惨な話」と「原発怖い」しかないみたいです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

NoTitle - 朱 厚照 - 2011年04月17日 23:05:14

ご当地東北と東京との温度差は確かにあるんだろうな。
要は節度と想像力。
被災地にまで垂れ流しにされる啓蒙CM(しかも無内容)に
一体何の意味があるのか。

言いたいことはたくさんあるが体力と気力が続かんのさね。最近。

NoTitle - hiro - 2011年04月17日 23:54:52

確かに被災地とそれ以外の地域の温度差はかなり感じますね。
自分も7日の大規模余震の翌朝のテレビが、ほとんどバラエティーしかやっていなかった時には殺意を感じました(苦笑)
正直、放射能とかも気にしている余裕もないです。

ただ、自分も津波の被害を受けた人たちの気持ちを100%分かっているかというと、決してそうではないので他人のことは言えませんが、残念なことですが、その苦しみは味わった本人にしか分からないということなのでしょう・・・

トラックバック

URL :

プロフィール

でっか~ど

Author:でっか~ど
宮城県仙台市からお伝えいたします。

ちなみに中身は海老天らしいですよ

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。