スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書くということ

今日もまたグズグズ書いてみます。


震災後何件かのブログを観る機会がありました。
で、津波被害を受けた地区のレポートが意外と多いことに気づく。
津波被害を受けていない人が、だ。

ブログという物ができて久しいが、出がけの頃は「一人一人がジャーナリストになれる」みたいな触れこみを語った人も居たように記憶している。
そんなことから「俺がこの惨劇を後世に伝える」的な思想の元写真を撮りブログを書き込んでいる人も多いと思う。

でもさ、ちょっと考えてみてくれよ。
君が撮影したそのがれきの山、大多数にとってはタダのがれきかもしれないがそこで暮らしていた人たちにとっては「家を津波で失った悲しみの場所」なんだよ。
もしかすると家だけではなくて大事な家族や思い出も一瞬にして失ってしまった場所なんだよ。
そんな写真を当事者の意思も尊重せず、「俺が世界にこの惨状を伝えるぜ!」といった安易なヒロイズムで全世界へ公開して、被災者の気持ちを踏みにじってはいないかい?

被災状況を伝える全てのブログが悪い、といっている訳ではない。
写真をチャチャッと撮って、「とても悲惨な状況でした、合掌」みたいなことが良くないといっているのだ。

敢えて例を挙げてみると、40過ぎのオッサンが「震災後暇な会社を早退して」被災地の写真撮りに行き、最後の感想は「明日から毎日ブログ更新します」とか書いてる結構有名なブロガー。




…多分酒の飲み過ぎで脳にまで尿酸の結晶がたまったんでしょう。
救いようがありません。



んじゃぁオメーはどうなんだよ!と言われるかも。
正直、某ライフラインの復旧作業に従事しているため燃え尽き気味です。
少し休みを下さい……
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

でっか~ど

Author:でっか~ど
宮城県仙台市からお伝えいたします。

ちなみに中身は海老天らしいですよ

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。